坐骨神経痛

坐骨神経が痛い

 お見えになるお客さんの訴えで、坐骨神経痛を耳にします。
何気なく言われていると思うのですが、これ、お客さんが感じている痛みの症状名であって、原因となる疾患名ではないんです。
 原因としては耳にしたこともあると思います。
・脊柱管狭窄症
・腰椎椎間板ヘルニア
・梨状筋症候群
などは有名どころですが、 単なる腰痛症から坐骨神経痛を起こしていることもあります。
 坐骨神経は腰椎、仙椎から出ている神経が集まって、下肢へとつながる人体で一番太い神経です。
 その坐骨神経の走行している部位で上に挙げた疾患の影響で神経痛が出ていると考えてください。

その症状の原因は?

 脊柱管狭窄症は腰椎と呼ばれる腰の骨にある脳からつながる脊髄と呼ばれる神経を通す孔に沈着物がくっつくことで、孔が狭くなり脊髄神経と触れることで症状が現れます。
 腰椎椎間板ヘルニアは腰椎と腰椎の間にある椎間板と呼ばれる軟部組織が破綻することで変形して、腰神経を圧迫することで症状が現れます。
 梨状筋症候群は椅子に座ると座面とお尻が接する部位にある梨状筋と呼ばれる筋肉が何らかの原因で硬くなり症状が現れます。坐骨神経は、この梨状筋を貫いて走行しているので、敏感な方は、長時間座っているだけでも、痛み、しびれなどの症状が現れます。
 腰痛症は症状の原因になる筋肉の緊張や腰椎、寛骨、仙骨などの可動が悪くなることで坐骨神経に影響を及ぼし症状が現れていると考えられます。
 このように、坐骨神経痛と一言でいってもその原因は様々なのです。
 これらの鑑別のために、しばしば整形外科の診断を仰ぐことも無駄ではないと考えています。