ふくらはぎの疲れ

腓腹筋とヒラメ筋

臨床で、ふくらはぎ(下腿部)の違和感・疲労の訴えを耳にします。

実際に、アプローチしてみても、軟らかい方って少ないですね。

また、運動をなさる方でも、そうでない方でも訴えがあります。

ふくらはぎで症状を出しやすいのは、腓腹筋とヒラメ筋です。

腓腹筋は主に地面を蹴り出す動作で作用します。

ヒラメ筋は体幹の重心の制御に作用します。

簡単に言うと、突っ立っている状態での重心変化に反応して

カラダが前後左右に踏み出さないように作用します。

あなたの疲れはどちらでしょうか?

どちらの筋肉あるいは両方の筋肉を

傷めているかは問診で見当がつきます。

職種内容が立ち仕事なのか、動き回っているのか?

日常的にスポーツを習慣に取り入れているのか?

中年女性でも、テニスやウォーキングをなさる方では、

見事な腓腹筋の発達があります。

中年男性でも、ゴルフのようにカート利用が普通の現代では

むしろヒラメ筋のオーバーワークがあります。

ふくらはぎは、ヒラメ筋の上に腓腹筋が被さる構造です。

そのために、違和感が現れる部位が似かよってしまいます。

そうなると、なかなか自分で区別ができません。

その結果、お客様は、掴みやすく分かりやすい腓腹筋に

症状を訴えていると感じます。

ふくらはぎの疲労感でお悩みの方は、

今一つ、ご自身の生活を振り返っていただき、

自分が腓腹筋とヒラメ筋のどちらに

負担を掛けているのか考えてみてください。