冬の夜間の乾燥対策

冬は夜間も乾燥で喉がダメージを受けています

 冬は空気が乾燥しますね。その上、暖房を使用すると、部屋の中は更に乾燥します。
ひと昔前ならストーブの上にヤカンを置いて、適度に加湿したものです。 最近は、ファンヒーター、エアコンに頼ることが多く、加湿器を別に用意する方が多いと思われます。
 空気の乾燥は、お肌の潤いに影響があるばかりではなく、インフルエンザなどの感染を高めます。 そのような理由で、免疫力の弱い乳幼児をお育ての方やご高齢の方にとっては乾燥に対して敏感になっていらっしゃることだと思います。
 私が以前、お客様からご相談されたのは、
「 あまりにも部屋を加湿してしまったところ、壁紙、ふすまが波をうってしまい、結露もひどく、衛生的でない。加えて、夜中に給水のお知らせ音が鳴って起こされる。何か良い方法があれば、教えて。」というものでした。
特に、ご高齢の方のお宅では、身体への寒さの影響を減らすために、夜間も適度に暖房器具をお使いになることが多いです。そのため、どうしても、空気の乾燥は避けられません。

マスク、濡れタオルを使う

 私がお勧めしているのは、マスクをして寝てもらうこと。そして、加湿器は日中は良しとして、夜間は使用しない。
 代わりに濡れたタオル、バスタオルを絞って、できるだけ枕に近いところにハンガーなどで掛けておくことをお勧めしています。
これだけだと、部屋の湿度を保つほどの水分を賄えないと思いますが、枚数を加減して、起床時の喉の状態を見てみると良いと思います。要は、ひと晩の口元の湿度がある程度、確保されれば良いのです。加えて給水の為に起こされることもないので、睡眠を邪魔されません。
 更に、部屋全体を加湿していないので、壁紙、ふすまなどへの影響や結露の発生を最小限に抑えられます。
 結露は何も窓ガラスにだけ発生しているのではなく、目に見えない家具の裏、畳の下、壁紙のめくれなどにも起こり、これがカビの原因にもなるので厄介です。
 乾燥でお困りの方はもちろん、マンションでカビに悩まされている方にもご参考になればと思います。