トイレに行ったばかりなのに・・

尿意が繰り返してしまうのは?

 今回は、特に持病の自覚のない方から相談されることのある、日中に起きる排泄の現象です。
 良く耳にする内容は、一度、トイレに行くと、立て続けに尿意を感じてしまう、頻尿程ではないがトイレが近いといったものです。
ここで、注意していただきたいのは、特に利尿作用のある飲み物や果物などを口にしていないということです。
 コーヒーや紅茶、柿などは良く知られているのですが、緑茶が意識されていないことがあります。これらの物に思い当たる方は、まず、そちらの摂取を意識してみてください。
 さて、話を戻しましょう。
 これは健康番組でも取り上げられるよに、特に中年以降の女性に対して診断される、「過活動膀胱」といった名称で紹介されている症状です。
 この症状の改善を目的に、ご相談を受けることはありませんが、長年、お付き合いくださっているお客様が、
「 最近、実は・・・ 」といった会話から知ることがほとんどです。
 病院での治療は主に投薬になると思うのですが、我々代替療法では、そういうわけにはいかないので、神経が過敏に働かないようにほぐす・緩めるといった内容になります。
 その上で、私は「 運動 」をお勧めしています。

骨盤底筋を鍛えましょう

 この症状の原因と考えられているひとつに、 骨盤底筋と呼ばれる筋肉の加齢によ弛緩があります。
 この筋肉は体の胴体部分の一番下で、内臓を支えています。詳しいメカニズムは私には分かりませんが、この筋肉が緩むと内臓が下がり排尿をコントロールしている神経に何らかの影響が出て症状が現れると考えています。
 そして、出産を経験された方や比較的、筋力の弱い女性に症状が現れることが多いです。
 男性でも長年、運動をする機会の少なかった方でみかけます。
 運動は至って簡単。床に脚を伸ばして座ります。その姿勢で前に向かって、お尻を前後に振って進みます。
 1.5メートル程進んだら、今度は元の場所へ後ろに向かって同様に進みます。この運動を5往復、時間のある時に行います。(1日2,3回)
たったこれだけの運動ですが、気がついたら症状が治まってたという経験を耳にしているので、お心当たりの方はお勧めです。