頚椎症

電話:0467-88-6606 メール:info@s-rolling.com

初期症状が肩こり、背中の痛み、後頭部の痛み、首の痛み、頭痛(筋緊張)です。したがって、これらの症状の改善を目的とした施術の機会は多いです。

しかしながら頚椎症の改善目的の場合には、すでに医療機関を受診されてからお越しになります。そして原因によって、頚椎椎間板ヘルニアもしくは変形性頚椎症と診断を受けていると思われます。この時点でのその症状は上記の初期よりも悪化しています。

  • 痛み
  • しびれ
  • 知覚麻痺
  • 筋委縮や運動制限

を引き起こしてしまっています。場合によっては上肢の症状のみならず下肢や排尿便の機能に影響を及ばします。

頚椎症と医療機関で診断されるかされないかによって、その後の症状の改善具合には大きな差があると思われます。

当院での施術は初期症状のうちにケアすることで頸部の状態を悪化させない方法として効果が期待できます。また、頚椎症と診断された場合でも、施術を受けることで症状が緩和することも期待できます。お気軽にご相談ください。